船峅山西国三十三観音霊場



 

所在地富山市大沢野舟倉
船峅山西国三十三観音霊場
登山口160m
最高点278m
標高差単純118m 230m(GPSデータより)
沿面距離2.1Km(看板より) 3.6Km(GPSデータより)
登山日2020年3月19日
天 候
同行者山の神
コースタイム 歩行1時間40分+休憩40分=2時間20分



 


 


 


 


 


 

 


奥の駐車場に車を駐める

下まで戻って正面から(?)入る

 


柿倉比売神社鳥居

柿倉比売神社

 


立派な神馬

加藤幸次郎さんの胸像

 


 

 


ここにも小さな神社がある

柿倉比売神社の一部か?

以下の観音像の写真は2016年12月19日に撮った写真です


第1番(和歌山県)
那智山 青岸渡寺
如意輪観世音菩薩

第2番(和歌山県)
紀三井山 金剛宝寺護国院
十一面観世音菩薩

第3番(和歌山県)
風猛山 粉河寺
千手千眼観世音菩薩

第4番(大阪府)
槙尾山 施福寺
十一面千手千眼観世音菩薩


小ピークに立っている柳瀬留治の歌碑

横に番号とお寺の名前が書かれた説明板が立っている

 


第5番(大阪府)
紫雲山 葛井寺
十一面千手千眼観世音菩薩

第6番(奈良県)
壺阪山 南法華寺
十一面千手千眼観世音菩薩

第7番(奈良県)
東光山 真珠院 竜蓋寺
二臂如意輪観世音菩薩

第8番(奈良県)
豊山 長谷寺
十一面観世音菩薩


なだらかなアップダウンが続く遊歩道

 


第9番(奈良県)
興福寺 南円堂
不空羂索観世音菩薩

第10番(京都府)
明星山 三室戸寺
千手観世音菩薩

第11番(京都府)
深雪山 上醍醐寺
准胝観世音菩薩坐像

第12番(滋賀県)
岩間山 正法寺
千手観世音菩薩


第10番千手観世音菩薩

屋根が落ちた第24番十一面観世音菩薩

 


第13番(滋賀県)
石光山 石山寺
勅封二臂如意輪観世音菩薩

第14番(滋賀県)
長等山 園城寺
如意輪観世音菩薩

第15番(京都府)
新那智山 観音寺
十一面観世音菩薩

第16番(京都府)
音羽山 清水寺
十一面千手千眼観世音菩薩


所々に急登が現れる

 


第17番(京都府)
補陀洛山 六波羅蜜寺
十一面観世音菩薩

第18番(京都府)
紫雲山 頂法寺 六角堂
如意輪観世音菩薩

第19番(京都府)
霊ゆう山 行願寺
千手観世音菩薩

第20番(京都府)
西山 善峰寺
十一面千手千眼観世音菩薩


積雪がすくなくても

倒木はおこる

 


第21番(京都府)
菩提山 穴太寺
聖観世音菩薩

第22番(大阪府)
補陀洛山 総持寺
千手観世音菩薩

第23番(大阪府)
応頂山 勝尾寺
十一面千手観世音菩薩

第24番(兵庫県)
紫雲山 中山寺
十一面観世音菩薩


いつ倒れたものだろう

 


第25番(兵庫県)
御嶽山 清水寺
十一面千手観世音菩薩座像

第26番(兵庫県)
法華山 一乗寺
聖観世音菩薩

第27番(兵庫県)
書写山 圓教寺(円教寺)
六臂如意輪観世音菩薩

第28番(京都府)
成相山 成相寺
聖観世音菩薩(木造・平安期)


秋山を行くような雰囲気だった

 


第29番(京都府)
青葉山 松尾寺
馬頭観世音菩薩

第30番(滋賀県)
巌金山 宝厳寺
千手千眼観世音菩薩

第31番(滋賀県)
姨綺耶山 長命寺
千手観音、十一面観音、聖観音

第32番(滋賀県)
繖山 観音正寺
千手千眼観世音菩薩


第33番(岐阜県)
谷汲山 華厳寺
十一面観世音菩薩


寺の裏山にも小さな神社があった

秋茶社(真ん中の文字に自信が持てない)

 


番外(富山県)船峅山 帝龍寺 十一面千手観世音菩薩

 


勝手に作った番外(第34番?)の観世音菩薩だが

県指定の文化財とのこと

 


弘法大師像


英知招福観世音菩薩像 

 


遠く猿倉山頂の「風の城」をのぞむ

 江戸時代の『三州奇談』(堀麦水)や『肯搆泉達録』(野崎雅明)には、姉倉姫の神話が紹介されているという。  姉倉姫は船峅山(富山市舟倉の一帯)を本居とした女神で、能登石動山の伊須流伎彦と夫婦の間柄であったが、伊須流伎彦が杣木山(石川県中能登町の能登比咩社のあたりではないかと廣瀬誠氏は推測)の能登姫と通じたため、姉倉姫は激怒し、この三角関係のもつれから、越中・能登は戦乱となった。能登姫は海水を巻きおこして潮水を吹きかけ、姉倉姫はありったけの小石を投げつけたため、船峅の上野には小石が一つもなくなったという。布倉山(立山町横江集落背後の山。「尖山」)の布倉姫も姉倉姫に加勢して戦った。  この騒動を聞いて、出雲から大国主ノ神がやってきて、戦乱を鎮め、関係者を処罰した。伊須流伎彦と能登姫は海浜にさらして重く罰され、姉倉姫は呉羽の小竹野に謹慎させられ、機織の仕事で罪を償わされた。姉倉姫が機を織っていると、窓から蝶が舞い込んで、姫の仕事の手助けをした。この蝶は蜆ケ森のシジミ貝が変化したものだという。ちなみに、近くの水田の一隅に塚があり、これが蜆ケ森で、白髭神社がある。もともと縄文時代の貝塚だという。  数年後、姉倉姫が許されて故郷の船峅に帰るとき、無数の蝶が姫を慕って舞いながらついていったと伝わる。こうした由緒があることから、本居地の船峅にも、流謫地の小竹(呉羽)にも姉倉姫神社が祀られているのだという。 参考文献/「神通川と呉羽丘陵 ふるさとの風土」(廣瀬誠著・桂書房)