和佐府ゼッコ



 

所在地飛騨市神岡町山ノ村
和佐府ゼッコ アプローチ飛騨市神岡町から山ノ村へ
登山口標高1000m
標   高1731m
標高差単純731m
沿面距離往復8.5Km(GPSデータより)
登山日2019年3月2日
天 候晴れ
同行者洋平、岩月、中嶋(勢)、堀岡、松本
コースタイム 登山口(45分)渡渉地点<渡渉15分>(2時間40分)頂上<休憩1時間40分>(1時間)渡渉地点(30分)登山口
登り3時間25分+降り1時間30分=歩行4時間55分
+休憩1時間40分+渡渉時間15分=合計6時間50分



 


 


 



 


 富山県と岐阜県との境界線上に和佐府ゼッコという名前のピークがある。名前じゃなく、地域に伝わる俗称かもしれない。三等三角点の基準点名は「和佐府」。


神岡町山ノ村和佐府(わさぼ)の最奥に車を駐める

 この日は簡単に天蓋山に登って1泊し、翌日に行く予定だった。天気予報で天気がいいのは今日まで。急遽、行き先を変更して「和佐府ゼッコ」に向かった。


左へ行けば唐尾峠だが右の林道を行く

中途半端な積雪で渡渉に手こずる

 出発するとき、唐尾峠への分岐に気をつけていたが、いつの間にか和佐府ゼッコへの林道を歩いていた。
 歩きながら何回も地図と磁石で方向を確かめたが間違いなかった。

 林道に雪が現れ始めてゴボリだす。スノー・シューズを履いた。林道を離れて沢に向かう。沢は意外に水量が多く渡渉点が見つからない。なんとか渡って尾根に取り付く。こんなところで15分も費やしてしまった。


まずは急登の杉林から尾根に取り付く

冬は白樺林が似合う

 後は難しいところも迷いやすいところもない。ひたすら尾根をたどって歩くだけ。
 標高1500mあたりで右下を林道が走っているのに気がついた。地図で確かめると有峰への林道だった。
 もう少し雪解けが進んだら、林道をたどって途中で尾根に出るルートもありそうだ。面白いルートとは思えないが...


笑顔が素敵な熟女達(失礼)

 今年は雪が少ない。標高1000m以下の里山にはほとんど雪がない。1000mから歩き出せる里山は貴重だ。


雪山を歩くのが楽しいのは何故だろう?

 少しずつ右側に白い山が見えてくる。頂上しか見えていないので笠ヶ岳か黒部五郎岳か分からない。この角度から見るのは初めてだ。同定出来ないまま頂上へと向かう。


右側に北ノ俣岳、黒部五郎岳、笠ヶ岳が見えてくる


北ノ俣岳、赤城岳

黒部五郎岳


弓折岳、抜戸岳、笠ヶ岳

 黒部五郎岳が見えてきて、最初に見えた山が笠ヶ岳だったことが分かった。さらにその左に北の俣岳が見えてくる。間近にこの角度から見る西尾根は新鮮だ。


思いがけなく樹氷に出会う

これは灌木に付いた樹氷

 13時20分、頂上に出る。この季節のこの時間に樹氷が残っていた。太陽の光を浴びて光っている。青空に映えた姿は満開の桜にも勝る。


 


花が咲いているよりきれいかもしれない

 雪山の1人ランチもいいが、仲間とのランチもまた、楽しい。普段持ち込まないものが食べられる。


雪山は簡単にテーブルが作れるのもいい

 頂上から少し先へ(30mほど)行くと有峰湖がが見える。遠くに大日岳や剱岳も見える。
 遠くから眺めると山の実際の大きさが分かる。大日岳に比べて剱岳が異様に大きく見えた。


大日岳より大きく見える剱岳

有峰湖

 名前のない山に登るというのは、日本百名山を追いかけるのとはまったく別の行為だと思う。
 その山を選んだ理由に主体性があるかないかが問題。「百名山なので」という答えなら、主体的な意思は感じられない。「だから?」と言われたら何も言えないのだが..
 (百名山を狙っている人にはごめんなさい)


この角度からのぞむ薬師岳も新鮮だ

 頂上と思われる所にピンクのテープでマーキングをした。頂上に何もないのは寂しい。


頂上にマーキング 遠くに見えるのは北ノ俣岳

 今日は山の麓の下之本にある「中井旅館」に泊まる予定だ。ゆっくり15時5分、頂上を後にした。


15時5分 頂上出発

 沢を渡渉して林道に戻った地点にテープでマーキングした。上山時に迷ったところである。(和佐府ゼッコを目指す方はこれを見印にしてください)


南西方向の里山は同定が難しい

渡渉地点への分岐にマーキング

 中井旅館は山の中にあるとは思えない、しっかりした旅館である。部屋もきれいだし風呂も(小さいが)きれいだ。浴衣もタオルも置いてある。この先も残って欲しい旅館である。


今夜の宿泊は山奥で頑張っている『中井旅館』

 「和佐府ゼッコ」の「ゼッコ」とはどういう意味なのか、旅館の女将さんに聞いてみたが知らなかった。
 あちこち電話で聞いてみてくれた結果「昔、偉い坊さんが頂上に登った時、『いい眺めだ。絶好、絶好』と言った」からとの事だった。 絶好=ゼッコ。 ふ~ん?