台湾-Ⅳ(2019年9月25日)



渋谷のような台湾「西門」の繁華街

8:30  沙里仙ホテル出発
12:25  桃園国際空港
13:00  丸林でランチ
12:55  中華民国山岳協会へ表敬訪問
14:45  迪化街でショッピング
15:25  龍山寺
16:00  マーケットでショッピング
17:55  京鼎樓で夕食
19:30  グリーンワールド松江ホテル



沙里仙温泉の朝 遠くに見えるのは茶畑

 


玉山も含めてここは原住民「パイワン族」が支配

人間が吊り橋を支えているような面白い壁画

 


80m程の吊り橋の先に

早朝にもかかわらず蜂蜜屋が待っていた

 


野生のバナナとバナナの花

野生のドラゴンフルーツ

 


野生の何でしょう?

 


ホテルの朝食

団体さんが泊まっていた

 


今日はがんばって食べた

 


少し雲がかかっているのが玉山

日本統治時代の玉山の名前は「新高山」だった

 


一足先に日本に帰る岩月を送って

桃園国際空港に寄る

 


今日のランチは街のレストラン

1階は普通の食堂のようだが

 


裏側は日本の常識では考えられないシステム

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


食事が終わる頃、横では従業員がお昼を食べていた

 


台湾の山岳協会の方達とサプライズの出合

 


昔、日本からいただいたというスキー

古いカラビナが吊ってあった

 


台北の街角 (こういう所を歩いてみたい)

 


ちょっとよく分からない街に寄る

海産品や朝鮮人参などが売られている

 


干しなまこに干しふぐ?

ミックスナッツとニッキ(ハッカの皮)を買った

 


龍山寺

 


台湾のおみくじ

当たった番号の箱からおみくじをとる

 


ここに立てるセンコウは入口で1本無料でもらえる

 


お参りの仕方は日本のと違って三礼する

茶色の衣を着た人達は僧侶ではなさそう

 


日本の寺と違うのは色が派手(赤)なことだ

仏様はよく見たら漫画のような顔だった

 


ショッピングセンターの回転寿司

日本とは違うネタもあった

 


日本の食品売り場

宝くじ売り場

 


日本でもよく見る光景です(切符を切られている)

 


夕食は小籠包

 


店の前のショ-・ウインドウ

台湾に来てから飲み続けている「台湾麦酒」

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 

 


台湾はスクーター天国

 


4泊目の部屋

 


1人でダブルベッドを占領

トイレとバスルーム

 


ホテルから地下鉄で「西面」へ

 


乗車券(プラスチックのコイン?)の販売機

地下鉄は色分けされている

 


乗ったのはブルーライン線

ホームは柵があって落ちる心配はない

 


車両のドアはピタリと乗降口に止まる

乗客は日本と同じで、皆携帯を見ている

 


あやうく「博愛席」(シルバーシート)に座るところだった

「西門」で降車

 


山手線で渋谷に来たような錯覚に襲われた

 


路上では若者のパフォーマンス

 


こんな風景の中にいると

外国に来ているような気がしない

 


デパートの香水売り場

ここで堀岡が探していたシューズを購入

 


地下鉄でホテルまで戻る