八ッ峰(剱岳)-Ⅲ



八ッ峰の奥にみえるのは唐松岳と五竜岳

所在地富山県立山町
剣山荘~
 剣御前~
  室堂
アプローチ剱沢
剣山荘標高2470m
剣御前山2777m
標高差累積(+)610m 累積(-)650m
沿面距離7.5Km
登山日2015年8月5日
天 候くもり
同行者山岸、中嶋
参考コースタイム
山と高原地図(山と渓谷社)
剣山荘(1時間)別山乗越(30分)剣御前山(45分)別山乗越(1時間10分)雷鳥平(1時間)室堂
歩行4時間25分
コースタイム
 
剣山荘(1時間25分)別山乗越<休憩25分>(25分)剣御前山<休憩5分>(25分)別山乗越<休憩5分>(1時間25分)ミクリが池温泉<休憩15分>(10分)室堂
歩行3時間45分+休憩50分=4時間35分


 


剣山荘から別山乗越まで西側のルートを選ぶ
時間があったので剱御前へ立ち寄った

 


剣山荘前にある池
 


剣山荘フロント
 

朝食メニュー
 

 今日は帰るだけだ。ゆっくり6時15分、剣山荘を出発する。
 剱御前山の裾をまくコースを選ぶ。はじめは急登だが途中からなだらかな道となる。帰路はこちらの方がいいようだ。


別山乗越へは西側のルートをとった
 

何カ所か雪渓のトラバースがあった
 


剱御前小屋の荷揚げ
 

意外に大きい東邦ヘリ
 

 別山乗越で剣御前小屋のヘリ輸送とぶつかった。少し剣御前の方向に登って見学。
 そのままリュックをデポして剱御前に向かった。


剱御前へ向かう
 

下から見ていても分からない広い平原がある
 

 剣御前はどちらから見ても険しい景観だが、稜線はなだらかな平原が広がっている。
 訪れる人も少なく絶好の剣の展望台となっている。


今年はコバイケイソウの当たり年だったようだ
 

 途中の2792mが稜線上の最高峰だが、地図上では三角点のある2777m地点に剣御前の名前がある。


三角点のある広場
 

柴崎芳太郎が立てた(?)二等三角点
 

 別山からの剱岳の眺めもいいが、剱御前からは、より間近に見える分、迫力がある。


剱御前は登山者の少ない剱岳の展望台
 


チングルマの種
 


コバイケイソウ
 

ミヤマリンドウ
 

ハクサンイチゲ
 

 9時別山乗越を出発。9時50分、雷鳥平。10時25分、みくりが池池温泉。
 ここで最後の水分補給を終える。


みくりが池温泉で水分(?)補給
 

みくりが池温泉は山小屋と言うよりホテル?
 

 みくりが池温泉は他の山小屋とは違う雰囲気を持っている。
 開放的なベランダ、しゃれたレストラン。日帰りできる温泉。大好きな山小屋である。


雑穀谷でトレーニングした子田ちゃんと遭遇
 

10時50分、現実の世界にもどる
 

 10時50分、室堂ターミナル到着。八ッ峰上半の登攀を無事終える。
 登攀日を快晴でむかえることができた最高の山行きだった。