ベトナム旅行-5日目(3月20日)


 サイゴン川に近い動植物園と歴史博物館を見に行く。途中、統一会堂(旧大統領府)の前を通った。
 1975年4月30日、この屋上に解放軍の旗がたなびき、ベトナム戦争が終結した記念すべきところである。


この日は年に一度のお祭りとのことだった
 


アオザイはスリムじゃないと似合わないと思った
 

サイゴン大聖堂を裏からのぞむ
 

 動植物園へは早く着きすぎ、開園時間まで近くで時間をつぶす。入園して左側へ向かう。
 子供のための遊園地のはずなのにヘリコプターや戦闘機が陳列されていた。


動植物園
 

動植物園なのに戦闘機やヘリコプターが展示されている
 


時間が早いからか誰もいない
 

施設も子供だましみたいなものばかり
 

 一番奥まで行くと子供向けの乗り物があるところに出た。時間が早いからか誰もいない。
 誰もいない遊園地は寂しい。ぐるっと回って戻る途中に動物がいた。
 いたのはキリンとサイとガゼルだけ。動物園としては寂しい。


動物園にいたのは数種類だけ
 

このあたりに来園者はいなかった
 

 広い植物園もまわってみたが公園にいるような感じを受けただけで植物園とは思えなかった。
 次に訪れた歴史博物館はお昼休みで休館中。午後1時半再会との事でランチタイムとする。


なんとなく入った建物の敷地に戦争の銅像が
 

ホーチミン作戦博物館かもしれない
 

 唯一予定していたベトナム料理のレストランは満席で入れなかった。
 お店を探しながら歩いていると戦争の銅像が建っている建物が目に入った。
 門が開いていたので入ってみる。そこにも戦闘機や機銃車などが飾ってあった。
 出てくるとき人が出てきて門を閉めていた。ホー・チ・ミン作戦博物館に裏から、入ってしまったようだ。


ジェット戦闘機
 

大砲
 

 暑いのでカフェを見つけてビールを飲む。肉まんを見つけてつまみにする。
 結局それがランチとなってしまった。


どのレストランもお客様でいっぱいでここに入る
 

ビールを飲んだついでに肉まんでランチとした
 

 午後1時半を待って歴史博物館に入館する。「May I take photographs?」 「No.」だった。
 写真は40,000ドンを払うと撮ってもいいとのこと。支払いを済ませるとカメラに撮影許可証を張ってくれた。
 他の観光客は撮影許可証なしで写真を撮っている。確かめなければよかった。


動植物園に隣接している歴史博物館
 

 中は思ったよりしっかりしていた。ベトナムは80%が仏教徒の国なのに飾ってあるものは仏教とは違うような雰囲気がある。ヒンドゥー教?


何故か日本の歴史的な建物や仏像が飾ってあった
 

飾ってあるのは立体的なものが多かった
 


室内に無造作に置かれているのがベトナム流?
 


首のないものばかりを集めたのか
 

千手観音と11面観音が合体?
 

 外に出てから歴史博物館の前でサトウキビのジュースを飲む。皮をむいたサトウキビをローラーで絞った100%原液の生ジュース。甘い。


屋台でサトウキビのジュースを飲む
 

サトウキビをローラーに入れて絞る
 


日本人街には日本調のお店が並ぶ
 

ローマ字で「ぎょうざのていおう」とある
 

 いったんホテルに戻って休憩し、夜の街に出る。ブンタン市場の周りが面白い。
 昼より夜の方が元気がある。マレーシアもそうだった。繁華街は日本でも同じか?
 しつこく麺類を食べる。ベトナムの麺類を極める。


少しはましなお店のようだ
 

それでも調理場はこんなもの
 


定番の香草、スダチ、唐辛子
 

日本には無いものが入っているので気になる
 

 歩行者天国のはずの夜店の入り口の進入禁止の立て看板の前に警官が3人いる。オートバイは完全に無視して入ってくる。
 その動画を撮っていたら、そこからこちらに向かってきた警官に撮影するなと言われた。
 お手上げの状態を撮られたくなかったのだろう。


ペンタン市場の歩行者天国(?)