シンガポール(12月2日)



クリスマス・ムードで華やかなオーチャード通り

 


泊まったホテル
 

ホテルの玄関
 

 腕時計を忘れてしまい、富山空港で安物の腕時計を買った。2000円。
 いつもは腕時計に磁石が付いているのだが今回は付いていない。方向が分からない。
 方向が分からないと大変な目にあうのは、山も、知らない街もいっしょだった。


ホテルはリトル・インディオ地区だったので
 

ヒンドゥー教の寺院がいっぱい
 

 オーチャード通りまで歩くつもりでホテルを出た。自分の居場所もよく確認せずに勘だけで歩いていた。
 南西方向に歩かなければいけないのに北西方向に向かって歩いていた。


もちろんシンガポールは華僑が70%
 

仏教寺院も沢山ある
 

 地元の人らしい女性に地図を広げて現在地をたずねる。なんか変なところにいる。
 何処に行きたいのかと聞いてくるので、オーチャードだと答えた。歩いている方向とは逆の方を指さす。
 半分パニック。2ブロックほど言ったところにバス停があると言う。日本でも知らない街でバスには乗れない。 Anyway thank you.


消防車
 

ヒンドゥー教の霊柩車のようです
 

 歩いているうちに地下鉄の駅を見つけた。駅名は「リトル・インディオ」。
 オーチャード通りの端っこにある駅「ドービー・ゴート」は次の駅である。乗った。


シンガポールは地下鉄が充実している
 

 意外にシンガポールの地下鉄は分かりやすかった。最低運賃も100円台。
 ホームの両側を車両が走っていて、それぞれの看板に行き先の駅が並んで書いてある。分かりやすい。


左の窓で地図か駅名かを選ぶ 右の窓はカードを使うとき
 

 チケットを買う場合はタッチパネルで地図か駅名を選ぶ。どちらも分かりやすい。
 表示に従って駅を選び、お金を入れればチケットとお釣りが出てくる。


地図を選ぶと出てくる画面
 

駅名を選ぶと出てくる画面
 

 地下鉄に乗って気がついた。イギリスの地下鉄に似ている。天井が円い。
 アメリカでサブ・ウェイと呼ばれている地下鉄がイギリスでチューブと呼ばれている所以だ。


イギリス統治時代の影響か地下鉄(チューブ?)は丸い形をしている
 

 ドービー・ゴート駅はエスカレーターが発達していて縦横無尽に走っている。
 4列で走っていたり、斜めに走っていたり、いっきに上までいってしまうものまである。


ドービー・ゴート駅の迷路のようなエスカレーター
 


看板に書かれた関取はちょっとかっこ悪い
 

オープンカーになっている二階建バス
 

 表に出てすぐ目の前にあったのがテイクアウト的なショップ。回転する肉をそぎ取りながら調理しているのをテレビで見たばかりである。
 ビールもある。迷わず店頭に立った。


アイオン・オーチャードにあるテイクアウト
 

三種類の肉が回転している
 

 肉はビーフを選ぶ。10種類以上あるソースからチリとケチャップを選ぶ。他のソースは分からない。
 ビール(ハイネッケン)は以外に高かった。小瓶なのに12C$(1080円)。


ビーフとビールを注文
 

野菜もたっぷり入っていた
 

 上の写真の2つで2500円ぐらいとられたと思う。一等地だからか、そもそも高い料理なのか、ぼられたのか?


大きな灰皿(兼ゴミ箱)が20mおきぐらいに置いてあり
 

たばこを持ったまま歩く人が沢山いた
 

 20年前に訪れたときには、きれいな街だと感激した記憶がある。だが、今回訪れてがっかりした。
 ゴミのポイ捨てや吸い殻は街のあちこちにある。観光客が捨てたものなのか?
 大きな灰皿が街の通りに20mおきぐらいに置いてある。だからか、たばこを吸っている人はたばこを手に持ったまま次の灰皿まで歩いて移動している。
 灰皿やゴミ箱のない日本の方がよほどきれいである。ゴミのポイ捨てをなくするために、ゴミ箱を増やした方がいいのか? なくした方がいいのか?


ポイ捨てはないと思われていたシンガポールの
 

伝説は消え去ってしまったようだ
 

 ドービー・ゴート駅の上にあるショッピング・モール「アイオン・オーチャード」は7階建てだ。
 中央の吹き抜けには華やかにクリスマスのデコレーションが飾られている。
 だが、こういう所は日本にもある。並んでいる商品も似ている。パス。


アイオン・オーチャードの吹き抜け部分
 


いらっしゃい~ませ~
 

 買い物には興味がないのでホテルに戻る。今回の旅行で絶対食べようと思っていたのがチキン・ライス。
 ホテル近くのレストラン(食堂?)でオーダーする。何か言っているがよく分からない。
 「とにかくチキンライスをもってこい」で、待っていたら、出て来たのは焼いたチキンライスだった。


夜はホテル近くの食堂へ
 

スチームド・チキンライスを頼んだのにローストが
 

 どのガイドブックにも載っていたのがスチームド・チキンライス。出て来たのはロースト・チキンライス。
 それもメニューの写真とはかけ離れた酷い盛り付けだった。
 この後に行った店では慎重に確かめるようになった。
 メニューに載っていてもやっていない店がほとんどだった。面倒なのか? オーダーが少ないのか?


この店の壁のメニューから選ぶ
 

上がスチームドで下がロースティッド
 

 ホテルの近くを散策する。表通りの裏はやや暗い。その裏はさらに暗い。
 カメラを向けるだけで取り囲まれそうな気がした。


ホテルの近くにはこんな静かな通りもあり
 

さらにその裏にはこんな怖い通りもある
 

 表通りに戻って缶ビールを仕入れる。予備を含めてロング勘を6本。まだ3泊残っている。


インドのおばさまは迫力がありました
 

 サリーを着たインド女性を発見する。つい追いかけて写真を撮ってしまった。体格のいい中年の女性が颯爽と歩く姿は見事に格好良かった。