小佐波御前山



近くから小佐波午前屋への稜線をのぞむ

所在地富山市大沢野町
今生津 アプローチ楡原から橋を渡り今生津集落へ
登山口標高140m
標   高754m
標高差単純614m
沿面距離3.3Km
登山日2015年2月28日
天 候晴れ時々曇り
同行者単独
コースタイム 今生津(40分)夏道分岐(50分)551mピーク(30分)尾根(30分)頂上<休憩40分>
頂上(15分)尾根(35分)夏道分岐(20分)今生津
歩行3時間40分+休憩40分=4時間20分



今年の4ルート目は今生津から
 


青い線は夏道 551mピークを越えて登り、帰りはピークを南側から巻いて降った
 

 今冬は小佐波御前山を東側(黒川側)から三つのルートで登った。
 今生津と芦生からはまだ冬季に登っていない。今回は今生津からのルートを選ぶ。


今生津集落から取り付いた
 

御前山の反射板が見える
 

 今生津集落に車を停め、10時20分出発。スタート地点は雪が少ない。
 それでもスノーシューズを履いて行く。先行者がいるようだがすぐに林道沿いに右にそれていった。
 猟師かもしれない。最近の猟師はかんじきじゃなく、スノーシューズを履くのか?


雪はあったりなかったり
 

頂上はあの奥にあるはず
 

 小さな沢の左側(右岸)をたどる。雪がなく、土が出ているところも多い。
 標高350mあたりで道路の分岐の様なところに出た。地図に書いてある道路はここで切れている。
 右の方が道路のようなので右を選んだ。だが、山平の集落へ向かう夏道は左だった。


551mピークは大きな岩がごろごろしていた
 

あまり気分のいいところではなかった
 

 道か道でないようなところを東に向かって進む。と、右からのスノーシューズのトレースと合流した。
 猟師ではなく登山者のようだ。林道が現れる。先行者はその林道を、また右の方へそれて行っている。
 地図で現在地を確認すると夏道よりかなり南側にいる。コースを北東に変えて杉林を進む。

 たどり着いたのは小ピーク。地図で見ると551mのピークだった。
 高さが3m~5mの獅子が鼻のような礫岩が沢山並んでいる。隠れている穴に落ちたら大変だ。
 左側は切れ落ちているので右側から迂回した。


尾根の末端に登り付いた後は快適な稜線歩きが続く
 

 暗部から直登していると右側からの登山者と合流した。どこかであったことがある人だと思いながら登る。
 途中で二人とも気がついた。先週、夫婦山で会った、堀田さんだった。

 斜面を登り切ったあとは気持ちのいい稜線歩きが続く。もう、迷うところない。
 もう200m、5分というところで堀田さんは時間切れで帰って行った。残念。


頂上のトイレはソフトクリームの様になっていた
 

1人テーブルを作って小宴会
 

 12時50分、頂上の広場に到着。10数人の登山者がいた。小屋にも沢山いるようだ。
 あまり沢山のグループと人がいると話しのきっかけがつかめない。1人でテーブルを作ってランチ。


広場ではそれぞれに小宴会中
 

 インスタントラーメン(正麺)にメンマとチャーシューとネギを入れる。味は本物に近くなる。
 そうそうに片付けて13時30分、頂上を後にした。帰りは551mピークを避けて左から巻いて降りた。


こんな風景が
 

大好きです
 

 地図に載っていない小さな沢がいくつもあり、慎重に降る。最悪、左側には堀田さんのトレースがあるはずなのだが、右へ右へとトラバース気味に降りた。
 自分のトレースに合流してホッとする。


楡原が見えてきて冒険は終わり 遠くに見えるのは大乗悟山と笹津山
 

 今回のラインは美しくない。再度、完璧なラインを作りたい。雪が残っていれば再挑戦する。
 頂上に直接向かっている沢も登れそうな気がする。そちらも挑戦してみる価値がありそうだ。