横 岳



横岳~高幡山の稜線はなだらかな白樺林が続いていた

所在地富山市、飛騨市
大多和林道1000m地点 アプローチ国道41号線土集落より有峰林道へ入って佐古集落へ
登山口標高610m
稜線標高1195m
標高差585m
沿面距離登り3.5Km 降り3.8Km
登山日2014年3月29日
天 候
同行者祥平(伊藤)、岩月
コースタイム
 
佐古集落(2時間55分)稜線<休憩2時間55分>(35分)大多和集落(1時間15分)佐古集落
歩行4時間45分+休憩2時間55分=7時間40分



佐古の集落から林道をたどり尾根に取り付く
 


稜線に出たところで頂上をあきらめる
 

 洋平(伊藤)から横岳の誘いが入る。名古屋の岩月が天蓋山に登りたいと言っていた時期が重なった。
 天蓋山は後回し。横岳で合意。


佐古集落の途中までしか除雪されていなかった
 

冬眠中の佐古集落
 

 7時に洋平の家に寄り、7時半に神岡で岩月と合流。
 跡津川に沿って佐古集落まで車を乗り入れる。除雪されているのはここまで。


佐古集落から先の大田和集落へは夏でも進入禁止
 

 坪足で歩き始めてすぐにスノーシューズを履く。時々ごぼる。
 MSRのライトニングは軽いので履いていても気にならない。モナカ雪みたいに時々ごぼるよりいい。


ヘアピン近道にある祠
 

横岳への尾根のところどころにあったテープ
 

 ヘアピン近道の少し先から尾根に取り付いた。このコースが最善らしく、ところどころにテープが巻いてある。
 軽いアップダウンを繰り返したあとに、なだらかな雪原に出る。白樺がきれいだ。


白樺林がきれいだ
 

 稜線に出て横岳をのぞむ。時間は11時。見た目、遠い。
 登った標高は600mで残り400m。距離的にはちょうど中間点だ。あっさりあきらめた。


県境が走っている稜線からのぞむ横岳は遠い
 

 横岳から富山県側にのびる尾根は沢山ある。あのどれに迷っても行き先は長棟川だ。
 視界が悪く足跡が消えていたら、横岳から富山県側に降ってしまう確率は高そうだ。


苦しむだけが登山じゃない あっさりビールで乾杯に切り替える
 

 帰りは途中から左に折れて大多和集落に降りた。誰もいない集落は寂しい。あとは林道をたどるだけ。


帰りは大田和集落に向かって降りた
 

ひたすら林道を降る
 

 ちょっと不完全燃焼だが頂上を踏むだけが登山じゃない。雪山は歩いているだけで楽しい。
 名古屋から来た岩月には悪いことをしたと思う。どこかで埋め合わせをします。


ヤママユガの蚕の抜殻