ベトナム旅行

3月26日

 真夜中の2時過ぎ、トイレが我慢できずに、また通路側の二人に迷惑をかけてしまう。
 二人は新婚さんという感じ。可愛い女性にめちゃくちゃ気を遣う男性が微笑ましい。
 シンガポールの人? ようこそ日本へ。


チャンギ~成田はA380で

 座席の前にあるディスプレイでは映画が10チャンネル以上選べたり、各種の音楽が聴ける。
 他に航空情報が写る画面もある。ほとんどそれを映していた。
 往路のスピードが時速900Kmだったのに復路では1,100Kmも出ている。
 A380の巡航速度は時速1,041Kmなので偏西風の影響なのだろう。


チャンギ~成田はA380で

 飛行中、真夜中の1時頃に夜食が出て、朝5時頃に朝食が出る。
 隣の女性の方は眠かったようでふてくされ気味。あたふたと食事の用意をしたり、ほとんど手をつけられなかった食事の後片付けをしている男性の、将来が見えたような気がした。


往路の900Kmだった速度が1100kmまだ上がったのは偏西風の影響

 7時40分、成田空港到着。入国審査と税関の審査(書類の提出だけ)を終え入国する。
 両替所で残ったシンガ・ポールドルを円に替え、リムジン・バスで羽田に向かう。
 渋滞もあり、1時間10分ほどかかって羽田空港に入った。あとワン・フライトで富山だ。


羽田空港でベトナム料理店を見つける

 搭乗ゲイトを確かめると出発の時間が違う。全日空の窓口で確認すると時間の変更はよくありますとのこと。
 ノイバイ空港でもらった搭乗券は使えないので再発行となった。


フォーの価格はベトナムの6倍でした

 羽田空港でベトナム料理の店を見つける。店の前の看板にはフォーが載っている。
 本場(?)のフォーとの味比べがしてみたい。ベトナムの道ばたのフォーと洗練された羽田空港のフォー。


調理人はベトナム南部(ホーチミン)の人でした

 調理をしている人にベトナムの写真を見せたら「これは北部(ハノイ)のフォーでしょう?」。
 彼は南部、ホーチミンの出身だった。出てきたフォーも南部の太麺。
 味は日本にあわせたようで、うどんに似ていた。ここで飲んだビールは「hanoi Beer」。


出てきたフォーは南部の太麺

 羽田空港の搭乗検査は金属と液体だけ。なのに何故かひっかかった。
 ズボンのポケットに残っていたシンガ・ポールドルのコインだったのか?


羽田空港の搭乗検査


羽田~富山はB787

 バスで飛行機まで移動する。この移動方法は間近で機体を見られるのがいい。
 機体は最新のB787。機体をまわって写真を撮った。


B787のエンジン(ロールスロイス製)

 雲海すれすれに飛ぶのは2回目。北極か南極の雪原のような光景が広がる。
 歩いて行けそうな気がするくらいの臨場感がある。


南極か北極を思わせるような雲上の景色

 出発が遅れたので富山空港まで直線で飛んだ。飛行機の性能が上がって簡単に出来るように、なったようだ。
 16時40分、富山空港到着。天候は雨。


昔、黛ジュンの「雲に乗りたい」という歌がありましたが覚えているでしょうか?

 富山空港の正式名は「きときと富山空港」。いつ頃変わったのだろう。いい名前だとは思えない。
 荷物コンベアの巨大な、にぎり寿司のサンプルも、なんとなく変だ。


出発が遅れたので羽田から富山へは直線で飛んだ

 九日ぶりの富山なのに特別な想いはない。普通に車を運転して家に帰った。
 家でも「ただいま」、「お帰り」で終了。お土産は無し。晩酌の日本酒が美味しかった。


無事「きときと富山空港」へ戻る(3月26日17時)

 これで自信がついた。旅先で航空券を調達しながらの旅も出来そうだ。
 海外放浪一人旅はエスカレートしていきそうな気がする。エスカレートするのは山と同じだ。