ベトナム旅行

3月18日

 東南アジアを一人でまわってみたいと思っていた。いろいろな用事や国内旅行などが重なって出発出来たのが3月18日だった。
 ベトナムやタイ、マレーシアを計画していたが、タイの国内情勢が悪く、マレーシアの飛行機も消えてしまう。
 今回はベトナムだけにした。まずは経験。


富山から羽田へはB787で

 ネットで安い航空券を捜す。一番安かったのは富山空港~羽田空港~成田空港~チャンギ空港(シンガポール)~ノイバイ空港(ハノイ)往復の58,000円。
 乗り換えが多いのと、余計なところをまわるので燃油サーチャージ、手数料、諸税が48,000円。
 それでも合計106,000円は安いと思う。


B787エコノミークラスのキャビン内

 ホテルは現地で捜そうと思ったが、ネットで1泊朝食付き1,500円を見つける。
 写真で見る限り悪くない。場所もハノイの中心街にある。とりあえず6泊出来る環境を整える。
 変なところならホテルを代えればいい。返金に応じてくれなくても損害は数千円だ。
 富山からハノイまでの往復運賃とホテル代と朝食代の合計で115,000円。決定!


羽田空港国内線到着ロビー

 航空券はe-Tickeなので空港でパス・ポートを見せて予約番号を言えば搭乗券をもらえる。
 心配な人は予約確認のメールをプリントアウトして持って行ってそれを見せればいい。


成田空港の入口では全員パスポートで顔を照合

 羽田から成田まではバス3,000円。これは運賃に含めないと不公平だ。
 バスの往復運賃を含めると旅費の合計は112,000円となる。昼食代、夕食代、遊興費がこれに加わる。

 成田空港の入り口でバスを停められて全員パスポートと顔を照合させられた。VIPでも来ていたのか、いつものことなのか慣れていないので不明。


成田空港の搭乗ロビーで出国手続き

 一人で海外に行くのは初めてなので勝手が分からない。成田空港内をうろうろする。広い。
 やっとシンガポール空港の窓口を見つけて並ぶ。ファースト・クラス、ビジネス・クラス、エコノミー・クラスと窓口が別かれている。並んでいる人はエコノミー・クラスの人。


成田空港からチャンギ空港(シンガポール)まではA380-800

 出国手続きを済ませ、20時20分搭乗。出国手続きは簡単だった。荷物はハノイ空港まで直送した。
 20時50分離陸。チャンギ空港が3時25分着の予定だが、時差が1時間あるので現地時間は2時25分。


A380-800のキャビン 3-4-3の横10席

 窓側に座っていると、皆が寝ているときにトイレに行くのに勇気が要る。夜のフライトは通路側がいい。どうせ景色も見えないし。


A380は高度12191m 速度890Km 気温-54℃で飛んでいた

 高度12000mを時速900Kmで飛ぶ。気温はマイナス54℃。
 高いところを飛ぶのは、その方が空気が薄くて抵抗が少なく、燃費がいいからなのだろう。