台湾3日目(2014年11月12日)


高雄市~台東市~三仙台~八仙洞~花蓮市
(宿泊:翰品飯店)


台湾でもホテルの朝食は
 

バイキング(All you can eat)
 

 ホテルを出て最初に向かったのは寿山公園。海岸に近い丘陵にある公園である。
 ここから眺めてみると高雄は大きな街であることが分かった。富山とは比較にならない。


寿山公園からのぞむ高雄市 右奥は高雄市で2番目に高い高雄85ビル
 

 


花なのか色の付いた葉なのか不明
 


 
 

 
 

 
 


 
 

 


バスを降りて
 

駅で待つ
 


 
 

 高雄市から台東市へは列車での移動である。何故、バスでないのか不明。
 台東市で電車を降り、別のバスに乗り海岸線を走る。台湾の東海岸は山が海まで迫っている。


高尾駅の売店
 

高雄駅から特急電車で台東市へ
 


特急電車「自強号#307便」の車内
 

社内でランチ
 

 遠くに見えてきたのが三仙台。沖に三つの大きな岩(?)がつらなる観光地。
 三仙台までは橋で渡ることが出来るが有料で時間もない。眺めるだけだった。


東海岸の三仙台
 


世界共通の景色(2人だけの世界)
 

サングラスが似合っている(?)アミ族
 

 日本にいた原住民はアイヌ人だけだったが、台湾には複数の原住民がいる。
 アミ族はその中でも人口の多い原住民だ。路上パフォーマンスを見た限り、肌の黒い人種かと思ったが、実は違っていた。


八仙洞の洞窟
 

 


洞窟入り口
 

奥にまつられている観世音菩薩
 

 八仙洞は無理矢理作られたような観光地である。近くにある北回帰線の記念塔は世界に九つしかないとのことで見る価値はあるかもしれない。
 ただし、そのほとんどが台湾にあるらしい。


世界に九つあると言われる北回帰線記念塔
 


観世音菩薩様達
 

 夕食後、アミ族のショーを見学した。昼に見たアミ族の路上パフォーマンスとは違う。
 特に男性が格好いい。台湾の人は南方系で中国などの漢族では無い。だから中国人とは顔が違う。(性格もだいぶん違うような気がする)


夜はアミ族のショーへ
 

アミ族は台湾ネイティブの人種
 


ショーはほとんどが踊り
 

踊りが激しいのではなくカメラが付いていけないだけ
 


女性達の踊り