弥陀ヶ原~称名峡谷



称名滝を上からのぞむ 左が弥陀ヶ原で右が大日平(2012年6月4日)

所在地立山町弥陀ヶ原
弥陀ヶ原ホテル アプローチ弥陀ヶ原バス停
登山口標高1950m
標   高1650m
標高差単純(-)300m 累計(-)430m
沿面距離周遊6.2Km
登山日2012年6月4日
天 候晴れ
同行者単独
コースタイム 弥陀ヶ原ホテル(1時間50分)最先端<休憩35分>(1時間10分)弥陀ヶ原ホテル
合計3時間35分<休憩35分含む>



 
 

阿吽の滝(ネハンの滝)の谷を渡った
 

最初に降りかけたところが登山道があったところだと思う
 
 もう20年以上前になると思うが、弥陀ヶ原から称名川に降りようと計画したことがあった。
 メンバーは佐藤(敬称略)と高木。このときは雨がふってきてコースを変更し、一ノ谷から天狗平へ抜けた。


見慣れた大日岳と弥陀ヶ原高原
 
 佐藤と呼び捨てにしているが、環境省自然公園指導員や富山県ナチュラリスト協会参与などの肩書きを持つ大先輩である。このサイトは全て敬称略なので許してください。


薬師岳
 

鍬崎山
 
 以前、髙木が送ってきた称名峡谷の探訪記が出てきた。昭和37年、北日本新聞が発行した本の写しだ。
 この頃はまだ弥陀ヶ原から降りて吊り橋を渡り、大日平へ抜ける道があった。


中大日岳の支尾根がこんな風に見える
 

称名川中の廊下
 
 残雪期の称名峡谷をスキーで歩き、不動の滝を下から見上げる記録が残っている。
 称名滝より上を下廊下、中廊下、上廊下と分けて解説してある。
 称名川に車の走れる恒久的な橋を架けて大日平に公園や貸しバンガローを作る計画まで書いてあって面白い。


称名川中の廊下の雪渓
 
 なんとなく称名川が気になりだした。20年以上前のリベンジを思い立つ。
 登山道があったと思われる所を探して称名川まで降りてみようと思った。


中央右に小さく見えるのが不動の滝 右奥は天狗山
 
 アイゼン、スノーシュー、ピッケル、9mm×20mのザイル、簡易ハーネスと簡単なギア類、ヘルメット。
 リュックは10Kgを越えた。重い。


対岸に見える大日平小屋
 

不動の滝と天狗山
 
 地図で見ると称名川へ降りられる場所は1箇所しかない。大日平小屋の対岸あたりだ。
 降りられるか?無理か?積雪は? とりあえず行ってみる。アルペンルートは無料で行けるので気楽だ。


一ノ谷から流れ落ちる不動の滝(落差120m)
 
 9時のケーブルに乗り、バスを乗り継いで弥陀ヶ原駅で降りる。弥陀ヶ原ホテルの横から雪原を降り、称名川の縁まで行く。スノーシューは要らなかった。
 称名川への急斜面に雪が残っていて昔の登山道は解らない。おそらくもうヤブになっているのだろう。


遠くに見えるのが大日岳
 

下の廊下は雪渓が切れて流が見える
 
 雪渓を少し降りてみたがダメだと思った。単独ではリスクが多すぎる。
 雪渓と雪渓の間に顔を出している笹藪は腹の一部を出していて滑り台のようになっている。諦めて戻った。


不動の滝より下が称名川下の廊下
 
 地図上では無理だと解っていたがもう少し偵察を続ける。称名川の縁沿いに歩いてみた。
 不動の滝が見え、大日平小屋が目の前に見える。称名滝の落ち口が格好いい。
 長年、立山に拘わってきたのに、この角度から見る称名滝は初めてだった。


弥陀ヶ原高原と称名川の境は
 

雪原がぱっつりと切れて落ち込んでいる
 
 称名川には降りられなかったが儲けたような気分になれた。阿吽の滝と称名滝の間の台地も見た。
 ここは、もう少し雪の多いときに弘法から行ったら面白そうだ。


普通は見ることが出来ない上からの称名滝右岸の大日平
 

ここから先は雪がなく引き返す(歩くことを許されるのは雪の上だけ)
 
 遠くに高原バスを見ながらのランチタイム。弥陀ヶ原ホテルに勤めていた頃を思い出す。
 ずいぶん遠くまで来たものだ。距離も時間も...


ランチタイム
 

阿吽の滝の源流はこのあたりの方が深い
 

弥陀ヶ原ホテルの前の道路は舗装工事中
 

弥陀ヶ原駅
 
 弥陀ヶ原駅まで戻り、バスとケーブルを乗り継いで立山駅まで戻る。
 本当に称名川に降りられるのだろうか? 単独ではリスクが大きすぎる。仲間を誘おう。


ケーブルカー美女平駅のホーム
 

ケーブルカーのすれ違い
 
 弥陀ヶ原駅前の除雪された雪の谷間に咲いていた花達。


ミツババイカオウレン
 

ショウジョウバカマ
 

イワナシ
 
 帰りにグランド・サンピア立山で汗を流す。厚生年金の宿泊施設だった頃に泊まったことがあったが忘れてしまっている。
 貸し切り状態だったので写真を何枚か撮った。


ブランドサンピア立山
 

フロント前
 

一番大きな浴槽と水風呂
 

下にあるジャグジーと寝湯
 

打たせ湯
 

露天風呂