道宗道-Ⅱ



栃原峠の道祖神(2011年10月14日撮影)

所在地富山県南砺市(旧井波町)
道宗道Ⅱ アプローチ井波町から閑乗寺公園を通って八乙女峠へ
登山口標高690m
標   高790m
標高差単純100m 累積(+)175m 累積(-)65m
沿面距離片道2.2Km
登山日2011年10月14日
天 候晴れ
同行者単独
コースタイム 八乙女峠(10分)八乙女山(30分)栃原峠(20分)最終地点<休憩5分>(45分)八乙女峠
合計1時間50分



 
 
 道宗道を八乙女山から先へ少しだけ進めてみる。夕方から富山市内で飲み会があるのであまり時間がなかった。


八乙女峠の東屋
 

東屋の中
 

八乙女山の北側にある反射板
 
 峠の東屋から道路を20m程降ったところにある「八乙女山30分コース」の標識から登山道に入る。
 この道は反射板を経て林道に出る。林道をたどると前回通った道宗道がすぐ横を通っていた。
 今回はそのまま林道を使って八乙女山の頂上へ出る。


峠から10分で頂上へ
 

三等三角点 今日はここがスタート地点
 

 
 

 
 

2つのピークの間に林道が走る
 

756mのこちらの方が標高が高い
 
 三角点のある八乙女山は標高751.8m。林道を横切った次のピークは756m。多分、こちらが八乙女山の頂上だろう。


道宗道は林道と重なっている
 

これは地蔵様でしょうか?
 

 
 
 林道の途中に石仏と鳥居、祠があった。看板には奈良時代からの事が書かれている。道宗道は道宗さんが歩く前からあった道のようだ。


この祠(風神堂)の前に風穴がある
 

祠に似合わない立派な鳥居
 

栃原峠の道祖神と石碑
 
 なだらかに降って行くと峠となる。石碑に栃原峠とあった。峠の東側と西側に道があり、草も刈られて手入れされているようだった。
 石碑の後ろにある道祖神は富山ではめずらしい。と思う。ハート型にくり抜いてあるので歴史は浅いのだろう。


峠の石碑は新しい
 

富山ではめずらしい(?)道祖神
 

栃原峠から先の林道は草が刈られていなかった
 
 栃原峠から先は草が刈られていなかった。両側から垂れ下がるススキをストックではらいながら行く。
 次の峠には名前を示すものはなかった。林道が東側に分岐していて、帰ってから調べてみるとオムサンタの森スキー場へ続く道だった。


大寺山西尾根にある反射板
 

この無名の峠で道宗道の標識が久しぶりに
 

この峠道を降りていくとオムサンタの森スキー場(営業休止中)
 
 ここから林道を離れて登山道となる。ピーク(大寺山)まで行ってみたかったが時間が足りなかった。
 ランチは八乙女山の東屋か車の中でとる事にして来た道を戻る。


車に戻ってランチタイム 白い缶はノンアルコールの「ALL-FREE」です
 
オムサンタの森スキー場


 八乙女峠から庄川に向かって下りる。この道は途中でオムサンタの森のスキー場を通る。
 オムサンタの森は何年前に営業を終了したのだろう。人がいなくなっていく村や施設はいつでもどこでも寂しいものだ。


ゲレンデの蕎麦畑にコンバインが入っていた
 

廃墟となったスキーセンター
 

2時14分で止まったままの時計
 

建物の中を窓越しに撮る
 
 スキーセンターの時計が2時14分で止まっている。何年の何月何日に止まったのかが気になった。
 スキー場が営業を終了した瞬間の時間を永遠に示しているような...

湯谷温泉


 帰りに「湯谷温泉」に寄った。2回目である。古い温泉らしく、かなり開放的な温泉だ。
 玄関の床に小さな段ボール箱が置いてあって500円を入れて下さいと書いてあった。千円札の方はお釣りを取っていって下さいとも。
 500円玉が5個あったので6人目のようだ。千円入れて500円もらう。


駐車場に車を停めて「湯谷温泉」へと降る
 

温泉の玄関 ひっそりとしている
 

長い廊下を行く
 

少し左に曲がって又真っ直ぐに行く
 

廊下の突き当たりから大牧ダムをのぞむ
 

突き当たりから階段を下りる
 

右に曲がってブルーシートの階段を下りる
 

さらに右に曲がると女湯と男湯が左右に
 

男湯の更衣室から女湯の更衣室が一直線
カーテンが開いていると見通しがいい(?)

更衣室から階段を下りると湯船
このスリガラスの向こう側が女湯


洗い場らしきところにも10cm程のお湯が
 

降りてきた階段を振り返る
 

このパイプから両方の湯船にお湯が出ている
 

持ち上げてみる 下げると女湯の方が上がる
 

このパイプ取付の穴が大きくて覗き窓のように
 

壁側にもこんな隙間があって...
 
 帰り際に女性が2人入ってきた。声からしておばあちゃんのようだったので覗かなかった。
だが、玄関にはピンクのスニーカーが...駐車場には青いラブフォーが...失敗したかな???

 開放的と言うより怪しいと言った方がいいような温泉だ。見られるのは平気という勇気ある女性はジャンジャン来て(行って)下さい(^_^)