西穂高岳



西穂独標よりピラミッド・ピーク、西穂、奥穂をのぞむ(2010年5月18日撮影)

所在地岐阜県高山市、長野県松本市
西穂高口駅 アプローチ神岡町から車で40分、ロープウエイで30分
登山口標高2156m
標   高2908m
標高差単純752m 累積(+)800m 累積(-)50m
沿面距離片道3.9Km
登山日2010年5月18日
天 候晴れ
同行者単独
参考コースタイム
 山と高原地図(旺文社)
西穂高口駅(1時間30分)西穂山荘(1時間30分)西穂独標(1時間30分)西穂高岳(1時間)西穂独標(1時間)西穂山荘(1時間)西穂高口駅
合計7時間30分
コースタイム西穂高口駅(50分)西穂山荘(45分)西穂独標<休憩20分>(1時間5分)西穂高岳<休憩50分>(50分)西穂独標(30分)西穂山荘<休憩15分>(35分)西穂高口駅
合計6時間<休憩1時間25分含む>



帰り道、ピラミッドピークの手前で間違えて支尾根に入る
 
 


オフシーズンの平日はこんなものか
 

始発から30分遅れの第2便(9時発)に乗る
 
 


第2ロープウエイに乗る
 

鍋平の駅前広場
 

新穂高口駅の屋上展望台から白山をのぞむ
 
 


誰もいない西穂山荘前と乗鞍岳、焼岳
 

丸山付近から西穂、ピラミッド、独標をのぞむ
 
 


西穂から独標へと続く稜線上の小ピーク群
 

独標への広い斜面
 

独標手前の小ピークを左から巻く
 

今日は通過点に過ぎない西穂高岳独標
 

ピラミッドピークからのぞむ西穂と奥穂
 

腐った雪のトラバースがちょっと嫌だったが
アイゼンやピッケルを出すのが面倒だった←これが危ない
 


久しぶりの西穂高岳だった
 

振り返ってのぞむ焼岳と乗鞍岳 
 
 


帰り道、間違えてこちらのピークへ行ってしまう
 

間違えたピークよりのぞむピラミッドピーク
 
 


無事、西穂山荘までもどる
 

帰路、西穂山荘を振り返る
 

今年は錫杖岳前衛峰の「左方カンテ」以外のルートに挑戦する