茂住鉱排砂ダム



茂住鉱の排砂跡(2010年8月15日撮影)

所在地飛騨市神岡町茂住
茂住集落 アプローチ国道41号線の猪谷~神岡の間
登山口標高250m
標   高555m
標高差単純305m
沿面距離往路3Km 復路4Km
登山日2010年8月15日
天 候
同行者単独
コースタイム 登山口(分)(分)(分)(分)(分)(分)登山口
合計 時間 分



昔はダムのように水が貯まっていたが今は草原となっている
 
 


茂住から昔の道を上ると雑木に覆われた社宅が
 

社宅の内部はごらんの通り
 

昔の道もほとんど藪漕ぎ状態で選鉱場跡へ出る
 
 


選鉱場跡から茂住集落を見下ろす
 

三井金属神岡鉱業所社有の車道を行く
 
 


昔、点灯していた「安全第一」のネオンの残骸
 

廃墟となった社宅跡はいくつもあった
 
 


電球もなく傘も壊れた街灯
 

「夏草や兵どもが夢の跡...」
 
 


ヤブこぎを避けて谷沿いの道(?)を行く
 

多分、今は使われていないトロッコ
 
 


鉱石を運び、自動的に傾いて排石したトロッコ
 

目前に排砂ダムが見えてくる
 

昔は淡いコバルトブルーの水が貯まっていた排砂ダムは草に覆われている
 

カシノナガキクイムシにやられたコナラやミズナラの樹木
 

排砂ダムの上流部にはまだ水たまりが残っている
 
 


排砂ダムの右岸の道を行く
 

白っぽい表面昔の名残を感じる
 

最上流の貯水池 泳いで汗を流したが冷たかった
 

上流から排砂ダムを見下ろす
 
 


廃墟となった増谷抗口跡
 

坑道へ降りる階段
 
 


渡り廊下?
 

雪でつぶされた廃屋
 
 


上へと続く階段
 

上には水を処理するための(?)施設が
 
 


茂住選鉱場のトロッコ跡 神岡~猪谷間運行
 

鉱石が流れていたベルトコンベアの管
 

茂住~大津山間の道路に残っているトロッコ
倉庫代わりに使われていたと思われる
 


この中で鉱石がどう処理されていたのか
 

まったく分からない
 
 


廃墟としか思えない外観
 

昭和20~30年代の繁栄は歴史の彼方に
 

新しいパイプラインがある まだ何か操業されているのかもしれない
 

給水中の蝶々はカラスアゲハ?
 
 


ボタンヅル
 

ウド 
 

イラクサ(エラ)