漆山岳



漆山岳の反射板の右に立山、薬師岳、北ノ俣岳、黒部五郎岳(2009年4月9日)

所在地飛騨市神岡町
中山 アプローチ41号線で岐阜県に入ってすぐの集落
中山標高255m
漆山岳標高1393m
標高差単純1138m
沿面距離登り7.9Km 降り6.5Km
登山日2009年4月9日
天 候快晴
同行者長勢
コースタイム 中山(1時間10分)水無谷川出合(1時間15分)コル(48分)漆山岳<休憩10分>(10分)分岐<昼食休憩3時間15分>(1時間5分)水無谷川出合(1時間)中山
合計8時間52分<休憩3時間20分含む>



今回は少しだけ車を入れさせてもらった
 

水無谷川から入って、帰りは尾根を降った
 
 5日前に偵察したソンボ谷。5日間で風景は変わっていた。温かい日が続いたせいか、雪融けが進んでいる。
 雨と晴れとでも雰囲気が違う。同じ所を歩いているような気がしなかった。


中山から少し入ったところに車を停める
 

デブリで埋まったソンボ谷
 
 今回は長勢が参加してきて2人となる。熊の心配が少し減った。単独の場合、叫んだり、意味のない言葉を発したりしているが、それもすぐ忘れてしまう。
 2人だと会話もあるし、足音も倍である。


水無谷橋
 

5日前(4月4日)の同じ場所 雪の量が違う
 
 今回は中山集落から少しだけ入ったところに車を停めさせてもらう。進入禁止の看板に「入って何かあっても知らないよ」と自己責任でやってくれと言うような事が書かれていたからだ。
 水無谷川出合で橋を渡らず、左に分岐している林道に入る。5日前よりかなり雪が溶けていた。
 左に大きくカーブしていて、曲がってすぐに右に分岐している林道に入る。真っ直ぐに行く林道は山の中腹まで延びているようだ。


水無谷川に分岐する林道入口のゲイト(?)
 

林道は右岸から左岸へとかわる
 
 水無谷川を右に見ながら林道はなだらかに続く。500m程行ったところで橋を渡り、左岸のヘアピンをショートカットする。
 水無谷川はなだらかで、長勢と何を話したか思い出せないくらい、とりとめのない歩きが続いた。


水無谷川をコルまで詰める
 

コルの向こうに広がる北アルプス
 
 左へと続いている沢に惑わされず、水無谷川のコルに出る。広がるのは予想通りの北アルプスから穂高、乗鞍、御岳だ。
 


漆山岳の反射板 この奥に頂上がある
 
 


漆山岳頂上からのぞむ薬師岳、黒部五郎岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳
 

圧縮されたカップヌードル
 

反射板が作られたのは2001年らしい
 

大日連山、剱岳、立山、鳶山、越中沢岳 左側大日岳の下に見える白い山は西笠山
横岳、高幡山は同定が難しい 手前に見える山の右端が池ノ山 この下に41号線が走る


ヒダのような多くの支流を持ったソンボ山 遠く左奥に見えるのは白木峰
 

薬師岳、北ノ俣岳、黒部五郎岳、槍ヶ岳、抜戸岳、笠ヶ岳
 

白山、三ヶ辻、金剛堂山、白木峰
 
 


水無谷川出合へ続く尾根を降る
 

まだ若いブナ林
 
 


ソンボ谷で出会ったカモシカ
 

別のカモシカだがポーズが似ている
 
 


ショウジョウバカマ(猩猩袴)
 
 ソンボ谷のこと思い出しながら書いて見ます。 私の父親が、笹津ヤキヤマ(八木山?)にあった軍需工場を敗戦で辞めた後、つなぎの仕事としてソンボ谷へ炭焼きに入ったことがありました。 とうじ、私は小学校に通わなくてはならないため、姉と二人で船津のお婆さんの家(父方)に引き取られ、次男(昭和十七年生まれ)と次女がソンボに入りましたので。ソンボは夏休みの間だけでした。 そのころの道は、川伝いに木馬道しかなかったのではないかと思っています。木馬道は知っていますか。木で桟橋を作り、そりに積んだ荷物をロープやワイヤーでで摩擦させながら荷物を降ろすもので木材搬出などに欠かせないものでした。 道も川を遡ったのでなく、西茂住から山越えで行ったように思います。といいますのは、もう80歳に近い従兄弟が母方のお爺さんが死んだ時、それを連絡するため山越えで行ったのを今でも思い出すと今年の年賀状に書いていましたし、中山のほうから歩いた気憶がないのです。 大津山から見て、西茂住のソラの尾根に少しへこんだ部分が峠で道がありました。ここを越えて降りたところに谷が二股になった部分が炭焼きをしていたところです。 その後、昭和40年半ばと思いますが、オートバイを手に入れた記念として、中山からソンボ谷に魚釣りに入ったときは林道がありましたが、舗装も何もなくブルドーザーで押し広げただけの荒れた道路でしたので、途中に置いて登ったように記憶しています。 あとは、昭和31年だったと思いますが、伐採に入っていた木こりが三月末に雪崩で四人がやられ、うち一~二人が死んだように聞いていますので、屋敷跡が残っていればその時分の飯場だったかもしれません。ですから、林道が出来たのは、ブルドーザーが日本の土木工事に使われるようになった昭和30年代半ばに入ってからのことではないでしょうか。 ちなみに、旧の伊西トンネルに到る道路が出来たのは昭和32年ですが、まだ、重機は一切なく、岩を火薬で割るための孔も削岩機でなく、玄翁で鏨を叩いていたので、鉱山の削岩機が凄く近代的に見えた覚えがありましたが、その削岩機も乾式といって水を使って岩粉を出さないのがようやく入り始めたときです。 大体こんなことがソンボの思い出です。しかし、ソンボのことを知っている人と話し合えば、またほかの記憶が出そうですが、またの機会にします。参考になったでしょうか、それともまとはずれ?、、、。
それではまた  静岡 南政雄

追*ニッサンチュウ(西山中)は宮川沿いの山の中で大洞山の西側、旧坂下村、宮川村などを言い、ソンボはそのうちに入らなかったと自分の気持ちでは思っています。