小佐波御前山



小佐波御前山の奇岩「獅子が鼻」(2008年12月10日撮影)

所在地富山市大沢野
猿倉登山口 アプローチ富山市内から41号線を南下して猿倉スキー場駐車場
登山口標高270m
標   高754m
上山標高差単純484m 累積(+)546m 累積(-)70m
下山標高差単純(-)484m 累積(+)202m 累積(-)680m
沿面距離上山4Km 下山7.3Km
登山日2008年12月10日
天 候晴れ
同行者単独
コースタイム猿倉山駐車場(10分)猿倉山(35分)御前山<休憩15分>(40分)小佐波御前山<休憩1時間35分>(28分)山平集落跡(23分)芦生(35分)国道41号線(29分)猿倉駐車場
合計5時間10分<休憩1時間50分含む>



猿倉スキー場の方から登って芦生集落へと周遊する
 
 


喫茶「さるくら」の前に車を停める
 

猿倉神社
 

御前山のシェルター(?)
 
 


シェルターの中にも落書きが...だが
 

せっかくの技量の発表の場を間違えているよ
 

次回はあの頂に立ってみよう
戸隠山の剱ノ刃渡や蟻の塔渡のようなものだ
 


頂上(?)の祠
 

頂上(?)にある三角点
 

ベンチがある広場 近くに小屋とトイレがある
 

冬季は大勢の登山者で賑わう
 
 


正面から入って左側の板の間
 

右側の板の間にはテーブルやマットまである
 
 


山平集落跡から見た獅子が鼻の奇岩
 

貯水池だったのか自然の池か?
 
 


山平集落跡のコンクリートの升
 

山平集落から登山道は右と左に別れる
 
 


小佐波御前山は礫岩の山らしい
 

芦生集落の神社が小佐波御前山の登山口