西穂独標



乗鞍と焼岳をバックに独標へ向かう深雪(2007年2月4日撮影)

所在地岐阜県高山市(旧上宝村)、長野県松本市
西穂高口駅 アプローチ神岡町から車で40分、ロープウエイで30分
登山口標高2156m
標   高2701m
標高差単純545m 累積(+)635m 累積(-)108m
沿面距離片道3.5Km
登山日2007年2月4日
天 候曇り後晴れ
同行者山岸、水野、星野夫妻、葛原、岸、深雪、夏江
参考コースタイム
 山と高原地図(旺文社)
西穂高口駅(1時間30分)西穂山荘(1時間30分)西穂独標(1時間)西穂山荘(1時間)西穂高口駅 合計5時間
コースタイム西穂高口駅(1時間)西穂山荘<休憩30分>(1時間)西穂独標<休憩40分>(35分)西穂山荘<休憩1時間45分>(42分)西穂高口駅 合計6時間12分<休憩2時間55分含む>


 


第1ロープウエイ
 

3階のレストランカウンター
 
 


無料サービスの播龍汁をいただいて出発
 

高崎、金沢、神岡、八尾から集まった総勢9名
 
 


西穂山荘手前の急登
 

1時間で西穂山荘到着
 
 


西穂山荘前は風がなく、心も落ち着く
 

雲海を抜けた左手には笠ヶ岳と抜戸が
 
 


風は思ったほど強くはなく、風速10~20mほど
 

独標直下を登ってくる富山かた来たという男性
 
 


独標から望む笠ヶ岳
 

独標から望むピラミッドピークと西穂
 
 


独標から望む前穂と吊り尾根
 

独標から降る夏江と深雪
 
 


振り返ればピラミッドピークが遠い
 

西穂山荘に戻りほっとする夏江
 
 


西穂山荘食堂「かもしか」
 

食堂は売店も兼ねている
 
 


群馬から星野夫妻、葛原、水野、山岸(敬称略)
 

「かもしか」に貼られている案内書き各種
 
 


 
. 
 休憩料は昨シーズンより安くなったような気がしたが、調べてみたら1時間200円は同じだった。
 ただ、2時間近くいても追加料金は取られなかった。ストーブでトンチャン(モツ)を料理したのも大丈夫だった。
 今まであまりいい印象は持っていなかったのだが...
 


西穂山荘を後にする
 

樹林帯を降る岸、深雪、夏江
 
 


西穂高口駅は近い
 

西穂高口駅から望む笠ヶ岳
 
 


西穂高口駅入口(出口でもある)
 

レストランはひっそりとしていた
 
 


第2ロープウエイの中から望遠で槍を撮る
 

第2ロープウエイから第1ロープウエイへの乗換
 
 


第1ロープウエイの鍋平高原駅
 

第1ロープウエイ