大日岳



称名滝駐車場から望む落差500mの悪城の壁(2006年8月26日撮影)

所在地立山町
称名滝登山口 アプローチ立山駅より車で15分
登山口標高973m
標   高2498m
標高差単純1525m 累積(+)1540m 累積(-)15m
沿面距離6.5Km
登山日2006年8月26日
天 候
同行者単独
参考コースタイム
 山と高原地図(旺文社)
称名滝駐車場(30分)称名滝登山口(3時間)大日平山荘(2時間50分)大日岳(1時間55分)大日平山荘(2時間)称名滝登山口(20分)駐車場
参考コースタイム
 とやま山歩き(シーエーピー)
称名滝駐車場(15分)称名滝登山口(1時間40分)大日平山荘(2時間)大日小屋(15分)大日岳(3時間)駐車場
コースタイム称名滝駐車場(10分)称名滝登山口(1時間45分)大日平山荘<休憩17分>(2時間10分)<途中昼食21分>大日岳<休憩20分>(15分)大日小屋<休憩5分>(1時間13分)大日平山荘<休憩12分>(1時間11分)称名滝登山口(9分)駐車場
合計8時間20分<休憩1時間27分含む>

 


9時10分、立山マラニックで賑わう駐車場出発
 

正面はハンノキ滝 称名滝はこの左
 
 


大日岳への登山口
 

称名滝からの古い水路に架かる鉄の橋
 
 


牛ヶ首への最後の登り
 

大日平を行く木道
 
 


11時10分、大日平山荘
 

大日平山荘のフロント
 
 


最近の山小屋はジュースの自販機が常識?
 

山荘裏から望む称名川上廊下と不動滝
 
 


落差90mの不動滝は意外と知られていない
 

いつの日か称名川を室堂までつめてみたい
 
 


登山道の途中にある休憩所
 

コル近くにある大岩から大日平を見下ろす
 
 


コルはすぐそこ
 

コルから見上げる大日小屋
 
 


14時、コルから500mの大日岳
 

大日岳の二等三角点 頂上はもう少し北側
 
 


大日小屋
 

大日小屋のフロント
 
 


大日小屋別館(プレハブ)の中は布団でいっぱい
 

大日小屋の食堂
 
 


16時、大日平小屋に戻る
 

この休憩所で小屋の自販機の世話になる
 
 


17時20分、登山口に戻った瞬間の日常にとま
どう。だが、この人達が普通で、こちらが異端者

着陸態勢に入った旅客機が太陽を横切った
惜しくもシャッターチャンスを逸した
 


標高差1500m、片道6.5Kmは日帰り登山としてはちょっとハードだが、
アプローチが楽で2カ所に山小屋もあり、お勧めの山だと思う